HOME

START

MIRAI

KINK

 

 

 

 

■結婚をゴールにしないこと
恋愛は楽しく、結婚は苦しくなんていってられません。結婚後も楽しく暮らすためには結婚してからは何をするか、したいかを考えておくことが大切です。とりあえず二人一緒に居れればいいなんて考えでは、その後に苦労をするかもしれません。

■お金は貯めておく
結婚生活はお金が意外とかかります。独身時代に考えるほどお金は自由になりません。いつかは結婚するつもりがあるのでしたら、自由になる独身時代にある程度の蓄えをしておくのも知恵というものです。

■相手のルックスは妥協しましょう
若いときは、一番優先したいのがルックスかもしれません。でも結婚では「縁」や「一緒にいて自然な自分でいられる」という要素を優先した方が長く楽しめるというものです。

■とりあえずのHはしない、させない
交際の初期の段階では精神面でどれほど寄り添えるかを知ることで、長くつきあえる人かどうか知ることが出来ます。「話をして楽しい」「同じことに興味がある」「お互いを思いやる気持ちがあるか」などで、自分との合う度をチェックしましょう。挨拶代わりに、とりあえずのHから交際が始まるとはじめは楽しくても、後で反動が来る場合が多いので危険です。まず、精神面 でどれだけ波長が合うかです。それからコトを進めましょう。

■できちゃった結婚は基本的にはさける
結婚するつもりが充分あっての上の妊娠なら問題はさほどありませんが、その気もあまりなくて、できちゃったからと成り行きで決断するのは何年後かに後悔する事も多いようです(離婚率が高い)。ご注意を。

■まず、好きになってみる
彼氏、彼女がなかなか出来にくい人は、まず誰かを好きになってみることから始めましょう。ひとりといわず何人かの人を好きになるのがいいかもしれません。自分の波動が変わると環境や運勢が変わってきますよ。

■昔はむかし
過去の思い出を引きずっていると、なかなか新しい展開ができません。心の中のゴミ箱に捨てることです。心というものは不思議なもので忘れようとしても忘れられませんが、パソコンの画面 のようにゴミ箱があると思ってその中にポイと捨てたとイメージしてみてください。そして新規の白紙を用意したイメージをして下さい。なんとなく心が軽くなったら成功です。

■恋愛と結婚
本当は恋愛をしたいのか、結婚をしたいのか、「自分」に問うことです。本当は恋愛をしたいのに「結婚」を求めていても結婚相手とはなかなか巡り会えない場合もあります。

■うまいものが好き
もしあなたが美人でないとしたら料理美人になることをおすすめします。あまりお金をかけなくて手早くおいしい料理が出来るよう努力してみて下さい。これだけで旦那になる人、なった人は一目置くはずです。

■男性は経済面を押さえておくこと
男はプライドの生き物です。いくら偉ぶっても経済面で家庭を支えているというスタイルになっていなければ気持ちよく結婚生活を送れません。贅沢する必要はありませんが、お金がないところから夫婦喧嘩が始まる場合が多いものです。円満な夫婦には思いやりとお金の両輪が必要なのです。

■旅の恥はかきすて
若い独身時代から異性とうまくやっていくことを望んではいけません。何人かの異性とあれやこれやありながら、やがて分別 がついてくるものです。分別がつくようになったらそれ以前の恥はなかったことにしましょう。

■早すぎる結婚は周りの人に相談を
若い時は一途になりやすいものです。でも結婚となるとやはり社会的な経験量 が少ないウチはかなり負荷がかかります。自分の周りの経験量の多い人たちのアドバイスを受けた方がいいでしょう。

■遅すぎる結婚は周りの人を無視して
年齢を重ねると、結婚に付随するいい面も悪い面もかなり見えるようになるものです。考えすぎると結婚が面 倒な壁に思えてきたりします。案ずるより生むが易し、カンタンに考えましょう。

■5年×4の勝負どころ
20歳を過ぎたら、25歳くらいまでに結婚したいと思うかもしれません。25歳を過ぎたら30歳までにと思うでしょう。30歳を過ぎたら35歳までにはと思い、それを過ぎたら40歳前にはと思うかもしれません。この4回もある節をストッパーとして活用しましょう。5年×4回も勝負できるんですからラッキーです。がんばってみましょう。

■結婚だけが幸せじゃない
結婚して、幸福になる人もいれば幸福でない人もいます。結婚しなくて(できなくて?)不幸な方もいれば、不幸でない方もいます。力まず生きることもいいことなのかもしれません。でもまだ結婚願望のある方は目標を持った方が実現しやすいことも確かです。

■みんなが悪いはあんたが悪い
自分の結婚できない原因を人のセイにしていませんか。親や環境のセイにしても、状況は変わりません。みんな自分が原因なのです。今の自分は自分のセイです。そうならば自分を変えることから新しい「自分」が始まります。

■恋愛は野に咲く花、結婚は畑に咲く花
野に咲く花と畑に咲く花の一番のちがいを知っていますか?それは、実を採るか取らぬ かです。野に咲く花は可憐さが身上ですが、畑に咲く花はいい実が成ることを目的としています。

■金太郎まめ
金太郎豆って知ってますか?そら豆のことです。あのユニークな姿、深い味わい。金太郎アメのようにみんな同じような姿をしています。人間から見るとみんな同じように見えても一個一個には個性があります。あなたの恋愛も結婚も人と同じにする必要はありません。自分らしく生きれるお相手を探しましょう。

■自由という名の不幸
昔の身分制度は今の日本にはありません。誰と誰が結婚しても自由なのです。と、ほとんどの人は考えていますが、実際にはそうではありません。一生のウチで「結婚」まで考えれる相手は多い人でも二桁もないのです。ぜひ、縁を大切にして下さい。

■性欲は生欲
人間のいろいろな欲望は諸刃の剣です。良くも悪くも使い方しだいです。性欲があるから恋愛も結婚も成立するのです。正しい使い方を心掛けましょう。