HOME

START

 

 


■自分の良さを再発見しよう
春はあらゆる生物に伸びるエネルギーが供給される時期です。植物も動物も人間も、その秘めたエネルギーが刺激を受け活動を開始する時期です。内なるエネルギー量が増加してくると、弾むのですね。だからスプリングです。
さて、私たちも春に合わせて活動を開始したいものです。そのためにはまず、自分自身の中の良き面に目を向けるのがいい方法です。だれでも欠点がありますが、いいところや人とくらべて秀でるところもあるものです。自分の好きな方面や得意なことにエネルギーを向けてみませんか。きっと、スプリングのエネルギーが満ちてくるのを感じることができるでしょう。

■チャンスの神様は、はげちゃびん?
有名な話なので、ご存じの方も多いと思いますが、時期的に春なので?チャンスの神様を紹介します。今もチャンスの神様はアデランスにもアートネイチャーにもお世話にならずハゲチャビンのままでいるそうです。そして、かろうじて、前髪が少し残っているそうです。
あなたの前方からチャンスの神様がやって来たとしても、本物のチャンスの神様かどうか、よ〜く確認してから捕まえようと考えていませんか。本物の神様か確認できた時には、つかむべき前髪は手の届かない位置にいっています。いくら手を伸ばしてもツルツル頭の部分はつかみようがありません。できるだけ早い段階で前髪をつかむこと、これがチャンスの神様を捕まえるコツですね。

■収穫逓減(しゅうかくていげん)の法則
有名なマクドナルドでは定期的に新メニューや新CMで攻勢をかけています。コカコーラも中身は変えないまでもCMは新しく出し続けています。どちらも新しいメニューの売上比率はあまり高くなく、実際の売れ筋は定番物だそうです。でもCMを新しくすると売り上げが活性化します。これは、収穫逓減の法則を応用したやり方なんですね。同じことを同じまま長いこと続けていると、収穫量が落ちてくるというのが収穫逓減の法則です。
私たちの人生も、 今までのやり方でうまくいっている時期があったとしても、やがてパッとしない収穫逓減の時期がやってきます。そんな時、この法則を応用してみるのもいいのかもしれません。今までと違う服装、今までと違う通勤ルート、今までと違う外食屋さん。今までと違う友人、新しい趣味...。日々の生活の中に「新しさ」を織り込んでいくと、人生経験の収穫量を向上させることが可能になるのではないでしょうか。

■男には角(つの)がある
男の角はプライドというツノです。男性は過去の長い歴史の中で戦ってきました。ですから強い男、優れた男でありたいというプライド(事実は別にしても..)は死守しようと本能的に考えているのです。
女性が男性のプライドを傷つけるのは男の角を折ろうとする行為です。男性は極めてこれを嫌います。男運が悪いとか、男に嫌われやすい女性は、男性のプライドを傷つけていないか...想いあたることはないでしょうか?モテる女、男に嫌われない女を望むのでしたら、男性のプライドを傷つけないのが女性のマナーだと考えた方がいいのかもしれません。もっとも、嫌いな男性にはわざとプライドを傷つけると効果が大きいという考え方もありますが...。

■女にも角(つの)がある
女の角は嫉妬というツノです。女性はオンリーワンを求めています。もともとは、出産というものがあるがために自分を守る存在を確保するための本能的なものです。モテる男になるためにはここを押さえることが急所になります。つまり相手を不安にさせない心使いが安心感を生み、信頼の礎(いしずえ)になります。
たとえ、彼女より興味のある仕事や趣味があったとしても、それを悟られないような工夫が必要です。少し言い方はへんですが、彼女より彼女のボディに興味があったとしても、あくまでも彼女自身に興味があるのをアピールすることを忘れてはいけません。愛されていること、興味を持ってもらえる自分であることが、女性の満足感を刺激します。世の男性は女性に満足感を与える存在であるべくがんばりましょう(^-^)。

■自分でまいた種...自己責任の法則
ミレーは種をまく人を描いたという「種」をまきました(ややこしい?)。自分でまいた種が実を付けたときにそれが自分の収穫になります。これを自己責任の法則といいます。
種をまいていないのに収穫を期待している人、自己責任の法則無視違反です。罰金は取られませんが「棚からぼた餅」的な期待は人生時間の無駄使いです。自分の人生に何かを期待しているなら、何かを収穫したいのなら、そのための種をまくことです。思ったように収穫できなくても、何度も種をまき続けることです。そのうちに要領がわかってきて、思ったような収穫ができるようになります。

■運のいい人悪い人
世の中には運のいい人と、運の悪い人がいます。これを運命のいたずらと呼ぶ人も大勢います。 しかし、両者をよく観察してみますと思考や行動パターンの違いに気づくはずです。
運の悪い人は行動パターンを改善改良しようとはしない人です。どっかから幸運が舞い込んでくるのを待っている人です。過去の自分の思いや行いを無視して幸福を願う人です。
運のいい人は、常に過去と現状を見ながら、行動や想いを修正していく人です。幸運を自分から進んでとろうとする人です。過去の自分の思いや行いを常にフィードバックして原因結果を確認しながら現状を修正していく人です。現状の原因は過去にあり、未来の原因は今にあり。幸不幸は因果律の影響のモトにあります。未来に責任を持った生き方をしたいものですね。

■世界で一番好きな人
アナタの一番好きな人は?こう問われてなんと答えるでしょうか。
色々な異性を思い浮かべるかもしれません。家族や友人を思い浮かべるかもしれません。
しかし、ほとんどの方は、み〜んな自分自身が一番好きで、一番興味ある存在なのです。あなたが思うこと感じること考えること、すべて自分を軸にして見て聞いて考えて、行動しているのです。だとしたら、自分自身を魅力あるものにしていきませんか。自分の一番興味ある自分自身を、魅力的な人間にすれば、例外なく人生が楽しくなります。 素敵な人を探すということも楽しいことですが、自分自身が、内面や外観を含めて素敵になっていくのは、もっとずっと楽しいことです。