「愛と結婚の時期ズバリ講座」の表紙に戻ります

「愛と結婚の時期ズバリ講座」の表紙に戻ります

 

 

onet

あなたの心にきれいなお花が咲いたらいいな!そんな願いを込めて..。

【 今年もおつかれさまっ... 】 2006/12/03

今年も残すことろもう少し。
いやはや一年も...振り返れば「光陰矢のごとし」ですね。

きっと今年もいろいろとあったことでしょう。
良かったことと、悪かったこと、どちらが多かったですか?

私は今年は大きな手術を経験しました。
不安で眠れない夜を幾たびか経験して苦しかったですが、
苦しさと引換えにちょっとだけ成長できたように感じています。

ちなみに、
五体満足で健康である場合などは、
おそらくそのままで満足することはないでしょう。

もっとお金があったら幸せになれる...とか、
もっと容姿良く生まれてきたら良かったのに...とか。
一般的に人間は本質的に欲張りにできています。

もっとも、
この欲張りエネルギーが「向上欲」の源泉でもあるわけですので、否定しているわけではありませんが...。

今回は大手術で不自由な生活をしましたが、自分の足で歩けるようになった時に素直に「嬉しい」と感じれました。
自分の意志で歩けることは「まったく素晴らしい!」ことです。

自分でトイレに行って用を足せることや、自分で髪の毛を洗えることも..
一般的にはあたりまえ過ぎることですよね。でも当たり前でない人生をおくっている方も多くいました。

さらに、末期ガンなどで余命宣告を受けて、この世の残り期間があと数ヶ月という方も多くいました。
そんな方とお話しする機会がありましたが、なんと励ましたらいいのか選ぶコトバも思いつきませんでした(涙)。

だから、もし私たちが...今が満ち足りていないと「不満や不幸」を感じていたとしても、
それは「満ち足りている部分」に気づかないだけかもしれない...という考え方もあるということですね。


【 オープンマインドとクローズマインド 】 2006/11/09

目には見えませんが、心には2つの状態があります。
その状態とは....オープンマインドと、クローズマインドの2種類です。
つまり外に対して開いている状態と、閉じている状態ですね。

もちろん十人十色です。 オープンにしようがクローズにしようが勝手といえばその通りなのですが。
その勝手の積み重ねが...やがて実をつけることになります。

道が開けにくい時、なんか運気が低迷している時、
そんな時は心が閉じていることが原因かもしれません。

オープンマインドの人の人生は発展しやすいのです。
クローズマインドの人は人生が発展しにくいのです。

心を開けるも閉じるも個人の勝手なのですが、
ほとんどの人間は....何も努力をしないでいると、、、
クローズマインドになりやすいものなのです。

誰でも、
自分に対して害ある行動をした人を許しがたいでしょうし、
自分より優れている人に対しては嫉妬しやすいものです。
これをそのまま受け入れると、やがて人に対してオープンな気持ちのままではいられなくなってきてしまいます。

ですので、オープンマインドでいると発展しやすいことが頭でわかっていたとしても、
良き状態でいるためには努力が必要なのです。 日頃からの心の修正が必要なのです。

心が閉じている場合の特徴は、
・人を認めたくない ・人の欠点が気になる ・人を許せない こんな症状がある時は心が閉じている時です。

心が開いている時の特徴は、
・人を許せる ・人の欠点も個性として受け入れることができる ・優れた人を素直に賞賛できる。
こんな状態の時は心が開いている時です。

自分がクローズマインドになっていると感じたら、
閉じている心のドアをオープンにするように補正する習慣を身につけるといいでしょう。
心を開くためには、
   1...人を許すよう心がける
   2...人の欠点も個性として受け入れるよう心がける
   3...優れた人を素直に賞賛するようにする
...とりあえずこの3点を日頃から心がければいいでしょう。

オープンマインドの日がクローズマインドの日数よりも多くなれば、やがて人生は発展傾向になってきます。
それに、モテる人というのは基本的にオープンマインドなのです。
オープンマインドは人間関係を良くします。
オープンマインドでいると=性別を超えて自然とモテます=つまり異性縁も良好になるわけです。 
見た目の格好良さ、綺麗さもよりも、まずはオープンマインドで....自分を開いてみましょう。

  Open=道が拓ける=発展
  Close=道が閉ざされる=閉塞


【 人生をもっと楽しく 】 2006/10/11

結婚しない人が増えていると言われています。

結婚しない理由は...色々とあるのでしょうが、
まぁカンタンに考えれば、
結婚しなくても困らない、ということじゃないかと思います。

ちょっと小腹が空いたらコンビニですぐに満たせるし、
お好みの映画もレンタルでいつでも見れます。
それにインターネットで調べものも買い物も自由自在。

今の日本においては男女問わず
普通に仕事をしていれば、これくらいの生活は十分可能です。

つまり今時では、結婚しなくても楽しいことがたくさんあります。
ですが、人生の色々な経験の中で、
人間関係においてしか体験できないことがたくさんあります。

誰かを好きになることは楽しいものです。
特に男女関係においてはタイミングも大事です。
BPSSを利用して誰かを好きになるという経験をして、
人生を更に楽しくしてみませんか ...。




過去のエッセイはこちら....
Vol 3 
      【 悩みを乗り越える力 】 2006/07/14
      【 深呼吸 】 2006/06/16
      【 伴侶を求める力 】 2006/05/12
      【 へこたれない顔が好き 】 2006/04/16
Vol 2 
      【 すずめの恋 】 2006/03/14
      【 卒業 】 2006/03/05
      【 人生は二進法という考え方 】 2006/02/07
      【 一人の時間】 2006/01/18
花咲の丘 VOL_2にGO!
Vol 1 
      【 扉を開くには... 】 2005/12/02
      【 クリスマスの芽 】  2005/12/01
      【 仕事のできる男になろう 】 2005/11/28
      【ギブアンドテイクでうまくいく】 2005/11/17
花咲の丘 VOL_1にGO!
「愛と結婚の時期ズバリ講座」の表紙に戻ります