「愛と結婚の時期ズバリ講座」の表紙に戻ります

「愛と結婚の時期ズバリ講座」の表紙に戻ります

エッセイ「花咲の丘」の表紙に戻ります

 

onet



【 悩みを乗り越える力 】 2006/07/14

よく言われていることですが、悩みを抱えていない人はいません。

もちろん「悩み」とひとことで言っても、結婚や健康や金銭問題等々、様々なものがあるでしょうが、
今回は自己向上欲で生じる悩みについて書きます。

誰でもが生きている以上、日々に願うことや望むことがあります。
若くて健康な人の場合は、
自己向上のための欲望や願望を実現したいという気持ち、
それが「悩み」として感じているものの本体です。

たとえば、 かっこいい仕事をしたい。綺麗になりたい。ブランドものを身につけたい。尊敬されるようになりたい。お金持ちになりたい....
このような色々な向上欲が「悩み」の源泉になります。

ですので、より良く生きたいと願っている人や、強い自己実現を願っている人はどうしても「悩み」を多く感じるのも事実です。
しかし、このような場合、自己向上欲ですので、「悩み」そのものを悪と決めつけるわけにもいきません。

そこで悩みを乗り越えるヒントとしては、
「悩み」には「どうにもならないもの」と「努力次第のもの」の2種類あることを知っておくことです。
そして、
その種類によって悩み方を変えることです。

まず、「どうにもならない悩み」の場合は、
いくら考えても解決できないのなら、
それ以上悩んでも身体にも人生にも悪影響があります。
身体の健康と人生の健康のために、今以上悩むのは止めちゃいましょう。
「どうにもならないことは悩まない」と自分に言い聞かせることです。悩んでもしょうがないものは悩まないことにしましょう。
当たり前に思えるでしょうが、これは悩みの乗り越え方の王道です。

そして、「どうにかなる可能性のある悩み」の場合、
それを乗り越えていくことで人生の幅を広げていくチャンスになると感じる場合はがんばって努力してみてください。
いつか乗り越えれるかもしれないものに対しては、努力の積み重ねで乗り越えることができるでしょう。
たとえ、もし乗り越えれなくても、そのための努力の中で色々な学びを得ることができるでしょう。

悩んで苦しいのは、がんばって歩いている時の筋肉痛みたいなものです。
そんな時は、美味しいものを食べたり、ゆっくりお風呂に入ったりして、自分をいたわってください。
そして...よく寝て心の筋肉痛がおさまったら、またがんばって進むことです。
悩むは自分を鍛えてくれる砥石です。そう思って進むと、やがてその悩みを乗り越える日が来ることでしょう。

【 深呼吸 】 2006/06/16

あなたの毎日は忙しいですか?

とかく日々の仕事や雑用に追われていると、
呼吸が浅くなってくるものです。
忙しいからと...つい上辺だけで浅く対応することを続けていると、自然と呼吸も浅くなってくるのです。

人間はやっていることと身体とは良くも悪くも連動するのですね。
だから呼吸が浅いと..考えも浅くなります。

一つ一つの対応が浅くなると、感動も浅くなります。
そうしているウチに、なんだかつまらない人生になってきて、
それが当たり前になってきたりします。

だから時々は、深呼吸をしてみませんか。
深く空気を吸うことも深呼吸ですが、基本は...心身がリフレッシュすることが深呼吸です。
だから、お疲れの場合は...よく寝て体を休めるのも深呼吸のウチです。
また、映画を見たり(怖い系より感動系がいいでしょう)、ちょっと遠出をしたり、というのも心の深呼吸ですね。

深呼吸して...なんとなく生きているのが楽しいような気がしてきたら...
それが本当のあなたですよ。さぁ〜またがんばりましょう。

【 伴侶を求める力 】 2006/05/12

「結婚」というコトバ...。
それは幸せをイメージするコトバです。
やはり人生において伴侶を得ることは大きな意味を持ちます。

自分だけで描く輪の大きさを1とすると、
二人で描く輪の大きさは、単なる倍というわけではなく、
もっと何倍にもなる可能性をもっているものです。

ただ、ニュースで色々な事件を聞いたりすると、
幸せだけとは言い切れない、....
未来の可能性が様々であることも気づくでしょう。

しかし、真摯な気持ちで伴侶を求める人には、
その願いに対して、それに応じた伴侶が現れてくるのも、心の法則として事実です。

縁とは外にあるのではなく、自分心の中の「伴侶」を求める気持ちが縁を引き寄せるのです。
縁とは不思議なものと言われているのは、まさしく心の法則の不思議さを語ったものです。

求めすぎて執着になってもうまくいきません。かといって、求めなければ道が拓けません。
答えはその中間にあります。そして、まずは求めることです。

メーテルリンクの書いた「青い鳥」のお話し...幸せの青い鳥は...何処にいたか知っています?
青い鳥を探す旅は、まず自分の心の中から始めるのがよさそうですよね。

まずは自分作りです。人に必要にされるような人間になっていくことを目指すことです。
伴侶を求めながら、自分作りをしてみて下さい。
やがていつの日か、
あなたの心の中の青い鳥が、「人として...伴侶として」目の前に現れ出てくる時がくるでしょう。

【 へこたれない顔が好き 】 2006/04/16

人生には思い通りになることと、ならないことがあります。
叶う願いと、叶わぬ願いがあるんです。

もちろん思い通りになった時は「うれしい!」ものですが。
うまくいかなかった時は....
だれでも、 悲しかったり不満足になったりするものです。

不満足を味わった時には、
自然と「不満」の顔になるわけですが...。

その不満を長い間引きずったりしていませんか。
また、何かにつけて不満な気持ちを出していませんか。

実は、不満を多く感じている人は、見ただけでわかります。
不満が蓄積してきたひとは、
「不満顔」でいることが習慣になっているものですから。

あなたのまわりを見渡してみて下さい。不満顔な人いませんか?
ひょっとしたら、鏡で見た自分も、不満な顔になっていませんか?

笑う門には福来たる、といいますが、
不満な顔は幸福を遠ざけます。

不満顔な人が幸福を引き寄せるのは..かなり難しいです(笑)
顔の各パーツは変えることができなくても、表情は心の向きで変えることができます。

どんな人でも、知らずに険しい顔、不満な顔になっていきやすいのです。
だから時々は、普段の自分がどんな表情しているか鏡で見て下さい。
どんなお化粧品より、高価なエステより、「不満顔禁止」が魅力増加の秘訣です。

あなたの、へこたれない顔が好きです。

 
エッセイ「花咲の丘」の表紙に戻ります