HOME

 

 

Chapter 10

最初からわかっている?
たとえば、
縁あって交際が始まるかもしれないその相手の人に、あなたから見てひとつふたつと気に入らない面があったとします。
あなたならどう考えますか?
女性の立場からの例ですと、、、
たとえば、ギャンブル好きで、お酒が好きで、働くのがキライで、という人がいたとしますね。でも外見はいい男でタイプだったりすると、、「私」の力でこの人を変えてあげたい!、「そんな運命を感じるの、、、」なんて思ってしまう場合があるかもしれませんが...。
じつはそう思った段階で勝負はついているのです。
それから悲しい努力が始まり、場合によっては自分の人生を嘆くようになるのがオチです。
男性の立場で例えますと、
いい女なんだが、掃除や料理が嫌い、おまけに異性関係はルーズ、でも外見がとってもイイ女。
だからなんとか自分に合った感じにカスタマイズしたい、、なんて願望もその手です。
人を変えることは基本的には出来ないと考えておいた方がいいでしょう。
もっとも長い間寄り添っての結果として変わることはあるものですが、一般的に人を変えることは無理です。ですので、掃除や料理が嫌いな女性に、料理上手でキレイ好きになって欲しいと願うことは「余計なお世話」なんです。期待する方が間違っているのです。
だから、相手を変えよう、変えたい。その思いが失敗の始まりですので、今のままの相手でOKとして受け入れられるかどいうか、、。
この視点で縁を選別していく方法が無理のない異性の選択方法なのですね。


一時が万事
たとえば、食事の好き嫌いが激しい方は、人間の好き嫌いも激しいものです。
たとえば、あたなに他人の悪口を言う人は、あなたのことがキライになったら、他に行ってあなたの悪口を言う人です。
たとえば、あなたに他人のことをほめる人は、他に行ってあなたのことをほめる人です。
このように、人の傾向性は一面を見れば、他の面も似たようなもの、ということを「一事が万事」と言いますね。
ものを大切にしない人は、恋人も大切にしません。
親兄弟を大事にしない人は、恋人も大事にしません。
仕事に中途半端な人は、恋愛も中途半端になりやすいものです。
異性を見る場合も一事が万事、という視点でみると、大体のことは見当がつくものです。
ものを大切にする人、親兄弟や友人を大事にする人、仕事をちゃんとする人、がいいと思いませんか。そんな人は...”
恋人”もきっと大事にできるセンスを持っているはずです。


「くさい」自分に要注意!
タバコを吸う人は気がつかないものですが、口臭がクサイのです。
それは、、 自分で考えているよりはるかにクサイ!のです。
息がクサイ人を好きですか?、
なかにはクサイ人が好みという物好きな場合もないとはいいませんが、、、
やはり息がクサイのは異性から嫌われやすいものですので損をしていることになります。
男性でも女性でも日に20本以上吸うようになると、、クサイです。
でもきっと、他人からクサイと直接言われることはないと思います。
だってぇ、大人同士で面と向かって、あなたはクサ〜イ、なんて決して決して言えませんよね。
だから自分ではめったに気がつきません。ですので、ココにあえて書いてみました。
口臭が臭い人との会話は早く切り上げたい、、なんて感じる人も多いのです。
もしあなたが喫煙する習慣があるとしたら、 異性に合う時は、口臭対策をすることです。そして、デート中は喫煙を控えめにすることです。
息がかかるくらい近くでお話しできるように親密になるには、、基本は息です。
いい息であれば話も弾みやすいものですね、、。
もっとも息がキレイになったら、次は会話のセンスもクサクないようにする必要があるかも?。


おしゃれの効用
いつでも同じような服を着ている人は、いつものように毎日を過ごしている人です。
もちろんそれで満足できる場合は、それでいいと思います。
でも、向上を目指している人は、毎日が同じでいいとは思えないのではないでしょうか。
毎日を少しでも前進したいという人は、やはり時々自分を飾ることがいいです。かっこいい、ステキな自分のイメージを確認するための作業をするのがいいでしょう。
自分はどうありたいのか、外見でイメージできるものでしたら、オシャレしてみることに価値があります。それに気分転換にもなりますね。
なんか、毎日がマンネリ、、と感じてきた場合も、いままでにないオシャレにトライすると、気分が活性化(リフレッシュ)します。もちろんおしゃれに費用はかかりますが、金額の大小ではなく、外見から自分の変化を楽しむことが大事ですね。



Next