HOME

 

 

Chapter 9

自分を変えるという勇気

いつまでも今のままでいたい。
そう思う気持ちと、何かを変えなければいけないと思う気持ちが誰の胸にもあるものです。変えたい気持ちと、変えたくない気持ち。
この相反するベクトルのバランスを取っていくことが成長のコツでもあるのです。成長するとは、自分を変えていくことなのです。
過去から現在までの自分と、これから目指している自分との間に開きがあるとするならば、自分を変えていく必要があるということなのですね。
ちなみに、自分を変えたくない人はそのままでいいのかと言いますと、残念ながらそうもいかないのです。なぜなら世界は刻々と変化をしているからです。
これを仏教用語では諸行無常といいます。
「無情(情けが無い)」ではありませんよ、「無常..(固定的でない)」と言う意味ですよ。
世の全ての事柄は流動的で変動あるものである、という意味です。
かだら、自分が変わっていくことはすごく自然なことなのですね。
一生懸命生きていく中で自分が変わっていくということは、ひとつの「成長」であるといえるのではないでしょうか。


こだわっていますか?

あなたは「こだわり」を持っていますか?
もしこだわりがあるとしたら...何に対してこだわっていますか?
それとも、何もこだわっていない生き方をしていますか?
実は、...ほとんどの.. 誰でもが...心の中にこだわりをもって生きています。
信じている何かに、こだわっているからこそ、人はがんばれるものです。
こだわりを持つことで、人生を力強く漕いでいくことも可能になるものです。
でも、こだわっているから...
それが原因で道が開けない人も多くいることは事実です。
「こだわり」は両刃の剣なんです。
人を成長させる原動力にもなりますし、停滞する原因ともなります。
こだわりは「種」なんです。やがて..実がなる時がきます。
あなたの「こだわり」に芳醇な実がなるのが一番いいのですが...
もし、そうではなくて... .期待しているような実が成らない場合は、...
その「こだわり」の種をこのまま育てて良いのかどうか...一度点検してみませんか。


究極のお相手探し..。

結婚とは究極の一人のお相手を探すこと...なんて思ってませんか?。
もし究極のお相手と結婚できなかったとしたら、その人生はあまりに空しいものになります。
もし究極のお相手と結婚できなくても、
とりあえずの一人と結婚することだって、立派な結婚の選択だと思うのです。
そうした..状況に応じて最善の選択をしていく思考が時には必要なのです。
例えば、学校を卒業し社会人に成りつつある人が....、
理想の会社が見つかるまでは就職しないと言っているとしたら....いかがでしょう。
とりあえず現状で選べるどこかに就職することは、現状の最善策である場合が多いのですね。
結婚もこれに似た部分があります。
究極のお相手探しでなかなか先が見えてこない場合には、
究極を目指すのは一旦お休みして...
とりあえず「可」でありそうな..お一人を探してみてみることも....人生の選択の中に置いては、現状を打開する突破口になるかもしれませんよ。


自分を責めすぎない智慧

.... 一生懸命生きている人は素晴らしいと思います。
でも、 頑張っているからこそ、中途半端な自分がイヤになってしまうこともあると思うのです。
せっかく頑張っているのに、自分で自分を責めて苦しむとしたら、それはエネルギーのロスです。エネルギーは有効に使うべきです。
克己心(こっきしん...自分を乗り越えて行く心)を持って生きることはとても大事なことです。でも、不完全な自分を認めて生きることも大事なことなんですよ。
日頃から頑張っているあなた...。もし、うまくいかない自分を見つけたら、
「がんばってるね!」と声をかけてあげましょう。
自分自身を応援するってステキだと思いませんか。 完璧でなくても...頑張っていることは素晴らしいことなんですよ。


不満

おそらく、きっと、誰でもが...、何かに不満を感じる気持ちがあるのではないかと..思います。
その不満のお相手は?  ご両親? 兄弟? 友人?  恋人?  それとも....
じつは、一番不満に感じているのは、「自分自身」である場合が一番多いと言われています。
もっと容姿が良かったら...、もっと背丈があったら...、もっと頭が良かったら...、もっとお金持ちに生まれていれば...、
そう思いながら、不器用に生きている自分に不満な場合が一番多いのではないでしょうか。
器用に生きれればなんの苦労もなく楽しい人生になるような気がしますが、、、
でもね、不器用な自分を悲しむことはありませんよ。
不器用だからと言って生まれてきた意味が無いと言うことではないのです。過去の偉人と言われている方々は..ほとんどが..不器用な人たちではないですか。
ただね、 凡人と違うのは途中でダメだと思わなかったことです。そして、ながーく努力を継続したということです。
不器用だっていいんです。その分..人生で色々なことを学ぶことができるのですね。