芸能人恋占い表紙  >  診断ページ
芸能人恋占い_診断ページ

2007年の芸能界の中では、異色というか、可憐というべきか、うらやましい〜と言うべきか...。
とってもお若い組み合わせのご夫婦が誕生しました。
そんな、宮崎あおいさんと高岡蒼甫(たかおか.そうすけ)さんの結婚時期をBPSS(ビップス)で診断してみます。

お二人とも東京生まれ、結婚時年齢は数えで25と22歳です。
最近の婚期が遅くなっている時代においては、少々早いように感じますが...。
事情が許すならば、理想的な年齢での結婚とも言えると思います。

お名前 生年月日 血液型 BpssType 出身
高岡蒼甫 1982年02月08日 B 9 東京都
宮崎あおい 1985年11月30日 O 10 東京都

 ■ 出会いは... 


■お二人のそもそもの始まりまりは、2000年ころ、あおいさんが15歳ころ、高岡さんが18歳ころ、
なんともお若い!時のことです。 もっとも結婚に至るまでの交際期間は結構長いようです。
長年の想いを実現できたのは二人とも純粋な気持ちが強かったためでしょう。

 ■ クロス診断... 


男女の結婚時期周期グラフを並べて判断する方法をクロス診断と呼んでいます。
その時に、年上の方の運勢を75%、年下の方を25%位の影響度として見ていくのがコツです。
ちなみに、ここで使用しているグラフはコガハウス提供中の結婚時期診断BPSSグラフに説明を追加した形で掲載しています。

さて、お二人の場合ですと、BPSSグラフ
高岡蒼甫さんが3歳年上ですので、高岡さんの結婚運タイプである「男性タイプ9のグラフに約75%の重みをおいて見るのが基本です。そして、宮崎さんの結婚運タイプ「女性タイプ10」に25%の比重を置いて考慮して見ていきます。

■出逢いの時期
縁の始まりは2000年頃。
なんと宮崎さんが中学生の頃ということです。

2000年と2001年は宮崎あおいさんはちょうど情熱期が巡っている時期でした。
情熱期は恋が芽生えやすい時期です。
交際を始めた段階で、あおいさんは高岡さんに「恋」したとことはほぼ間違いないでしょう。

一方、交際が始まったころの高岡さんは、
1999年までの情熱期の余韻はあったものの、運勢的にはピークをやや過ぎて好調期も終盤になっていました。

■順風とは言い切れない交際期間
そして、
右のBPSSグラフでわかりますように、交際期間中であった2002年2003年2004年は、お互いが「充電期」という運勢の停滞期間に巡っていました。
ですので、お互いに恋心を感じながらも、一直線に進めない時期であったと思われます。
また恋愛関係以外としては、学業やお仕事も進むべき道筋に悩みが多かった時期であったと思われます。


■結婚のタイミング
そして、2007年6月15日に電撃入籍しました。
もちろん「電撃」とは周りからの見え方のことですね。お二人には電撃ではなく、やっと時期が来たのかもしれません。
多忙中なので婚姻届でまずは結婚スタートのようです。

この結婚の時期をBPSSグラフで見てみますと、2007年はお二人とも新しい上昇運気が始まっている年です。
約7年のしたためた想いをどうしても実現させたかったのでしょうね。
2006年までの交際期間中は、BPSSグラフで見ると理性期の盛り上がりがない期間でした。
今年になって二人揃って上り調子になってきたので、結婚としてはいいタイミングであると判断できます。
もちろん、お若い二人ですので、注意点は多々あるのですが、
若くして結婚の縁ある方に巡り合えたという純粋な気持ちを大事にして頂きたいと....願っています。




このページに登場している有名人&芸能人の方々へ、お願いです。
当方のBPSSの解説のために生年月日と結婚に関する情報を使用させて頂いています。
ニュースや週刊誌等の一般流通情報を使い、不利益が生じないような配慮で作成しています。
それでも万一ここでの掲載に不都合があるようでしたら、
お手数ですが、 ご一報頂ければ速やかに削除させて頂きますのでよろしくお願いいたします。


芸能人恋占い
表紙にもどる

Since 2007/08/25